スキップしてメイン コンテンツに移動

大嘗宮を見てきました。


12月3日に大嘗宮を参観してきました。
仕事が忙しいのと、体調もありましたのでどうかな、と思っていたのですが、今を逃せばあとがないので、強行スケジュールで行ってきました。

色々感想があります。

一番最初に思ったことは、大嘗宮を見て、これは参観とあるけど、参拝のほうが正しいかも、ということでした。
そして、

「大嘗宮を見て、まだまだ日本は大丈夫かもしれない」

という安心感でした。

日本人の原点を見た気がします。

参観するまでには、東京駅を降りて、まっすぐに歩いて皇居に向かいました、大手門から入りましたが、ものすごい人の数。




そしてなにより、日本人の多さにびっくりしました、観光化していると、どうかすると人数は多くても日本人よりも外国人のほうが多い、なんてことはザラにあるのですが、今回は日本人ばかりだったので、驚きました。それと年齢層の高さです。
若い人はほとんどいなかった。

ものすごい人でしたが、僕はちょっと訳有だったので、少しだけショートカットさせていただきました。

 
金属探知機や手荷物検査を受けて、大手門から中へ。



皇居の中に入りますと、広さに迷いますね。
まあ人の流れがありますので、流れに乗っていけばいいのですが。

車寄せがありました。皇宮警護官の方々、警察の方々お疲れ様です。



いくつかの建物を横目に、


やっと列に並ぶことができました。



待ち時間は80分の文字。そんなに待たないといけないのかな、と思いつつも、並び続けます。


面白い名前の派出所があり、そのまま歩いていくと、ふと雰囲気が変わりました。
霊感がある人ならば、すぐに気がつくでしょう。
そのときに、

「あ、神域にはいったな…あれ??」

と思いました。

そう感じたのは、伊勢神宮内宮と全く同じ雰囲気…なのですが、すぐにわかりました。

「抜け殻…」

ご降臨された気配はするのですが、どうも今はおいででない感じです。これは確証を持って言えます。



 ものすごい人です、僕は程度背が高いので、人の頭の海でした。
そして、その渋滞を抜けると…。


いきなりこれでした。
あまりに立派なので、後ろから見ていると気がつくこともなく、ただただ、すごい、と負いました。

「一気に弥生時代に連れて行かれた」

と感じました。
これはすごいと感動してましたが、正面に回ろうとしてわかりました。
 
ものすごい人の数。



 これは確かに80分かかるわ…
 ともかくすごい人に圧倒され、並びながらやっとたどり着きました…。一時間半は余裕でかかりました。

言いたいことは、マナーが悪いよ、おじさんたちってことです。
人を杖代わりにしたり、動かないから押してみたり、縦に歩くところを横にしたり、ともかくですね、団塊世代のマナーの悪さのあることないこと。
特に言いたいのは、ここ、皇居なんです。
 人を押して転倒の危険を冒したならば、注意されて当然てす。茹でタコみたいに顔を真っ赤にして食ってかかろうとして、眼力で気圧されるならば、やっちゃいけません。

とにもかくにも、団塊の世代の男性の品位のなさ、お行儀の悪さには辟易します。

やっと並んでたどり着きました。正面。

 
 ここで、僕は思いました。

これ、地獄の光景みたい。

芥川龍之介の蜘蛛の糸かよ、って。
確かに聖なるものには触れてみたいのは人間のさが(らしいのですが)、これは怖かった。
こんなにすごいものを目の前にしても、誰も拝していません。
当然、僕は礼をいたしましたが、誰も他にしていませんし、なにこれ、なにしているのこの人たちでした。
撮影することは確かに僕もしているので人のこと言えないのですが、撮った写真見て、

「これ、地獄の亡者となにが違うの」

と思いました。大嘗宮は静かに聖なるものと鎮座しているのに、人々はまるで、餓鬼か亡者のように蠢いています。

怖いよ、人間。

って思いました。
記憶にしっかりと焼き付けながら、後にしていきます。


列を抜け、横から拝見させていただきました。

 
名残惜しいのですが、時間も時間でしたので、後にしていきます。


そしてこの大嘗宮、清水建設が請け負っていたのですね。


なるほど、伏せ水、土の気、狐で荼枳尼天ですか、納得。
(このつながりがわかる人はあまりいないと思いますが、多分わかる人は大喜利かってツッコミを入れたくなるかもしれないですね)

名残は惜しかったけど、帰路につきました。


参拝できて良かったと思いました、この時代の次元の地球は行動の星なんだな、と実感。

このブログの人気の投稿

タイミングの悪い人、タイミングの悪いこと、そして、運とタイミングの関係

こんにちは。
気がつけば、もう梅の時期になり、下手をすると桜の時期が目の前、という季節です。
光陰矢のごとしといったもので、時間が経つのは本当に早くて、一日がもっと長くならないかな、と日々思います。


表題にあるように、タイミングというものについて少し考えてみたいと思います。
僕は比較的、いや、かなりのタイミングの悪さを自他ともに認めるところです、昔から、よくこのタイミングについては調べたりして、自分なりの今の結論があるところです。


運が悪いことと、タイミングが悪いことはおおよそイコールとして用いられることが多く、ネットで調べても、スピリチュアル系を検索してもたいていは、

運が悪い=タイミングが悪い

という等式が成り立っているようです。
僕は実はそうは思わなくなっています、運が悪いことと、タイミングが悪いことは同義ではないようです。
確かにタイミングが悪いことは、不愉快なので、感情面から見たら同じように見えしまうのは否めませんが、本当に運が悪い、ということを身にしみてわかっている人ならば、どうでしょうか。


おおよそ、ネネットでタイミングの悪さを調べると、

タイミングの悪い人は…

・行動や決断が遅い
・マイナス思考
・自分勝手
・計画性がない

とかです。
中には、

・空気読めていない
・人間関係が下手
・経験不足

などもあり、

タイミング悪い、ということに対して、現実的な話であって、スピリチュアリズム的な観点が全くない、ということがほとんどです。
返して言えば、

現実対処できるものだけど、形而上学的な原因がわかっていない。

つまり、なんでタイミングが悪いのか、根源的な原因がわかっていない、ということなのかもしれません。

それに、タイミングの悪さ、というのは、わかりますよね、多かれ少なかれ、波があります。
もちろん、低空飛行のままの人もいれば、乱高下する人もいますから、

「私はずっとタイミングが悪いのよ」

って人もよく考えれば、毎回毎回最低な状態でタイミングが合わない、と言うことはないと思いますし、そもそもの話、対処方法よりも、

「なんで、私はタイミンクが悪いのだろう」

という根源的な質問に対して、対処療法的な答えしか示されていないサイトがなんと多いことかです。

僕が色々調べていろんなことを見て、いろんなことを経験していろいろなことを考えてみた結果、タイミングが悪い人…

小さくなった石鹸を一つにまとめて再利用する方法

僕は液体の石鹸よりも、固体の石鹸が好きでよく使っています。
特に、「ALL ONE」の石鹸は大好きで、よく使うようになりました。
教えていただけた友人には本当に感謝です。
上の写真は石鹸の包み紙を付箋のカバーにしているところです。
ロクシタンの石鹸も使っていましたので、カバーも再利用、といったところです。

石鹸は使っているうちに、だんだん小さくなってしまい、そのうちちょっと使い道がなくなるくらいまで小さくなりますよね。昔はみかんを入れていたネットなどに入れて最後まで使うのが主流でしたが、ちょっとオシャレじゃなくて、なんか再利用できないかな、と考えて色々試した結果を載せておきます。もし参考になればいいかなと思います。

まず、百均などで電子レンジに対応できる陶製の器や型を求めます。この時にあまり小さいのではよくないので、小さい石鹸を数個入れられるようなものが一番良いと思います。あまり大きすぎると、今度石鹸を固めた時に大きな石鹸になってしまうので、なるべく底が深い筒状のものがいいかもしれません。

そうしましたら、小さくなった石鹸を容器に入れます。
そして、そこにできればお湯(水でもいいが)を入れます。
お湯の分量は最大でも石鹸がひたひたになるくらいまで、できれば気持ち少なめに入れたほうがいいですが、あまり少ないと困りますので、小さい石鹸を敷き詰めて、少し頭まで浸るくらいがいいと思います。

そこにラップをします。
電子レンジで、1分ほどレンチンします。
(500Wで1分程度)
熱くなっていればいいですが、触ってみて、あまり熱くなければその都度30秒ごとぐらいに追加してレンチンします。


これだけで、柔らかい石鹸生地のものは溶けてしまいます。
しつこく残っている類のものがありますので、匂い移りがしてもいい、樹脂製のスプーンなどでかき混ぜます。

この時のコツですが、

かき混ぜるのではなくて、押しつぶす感じで溶かす。

です。くるくる回していても溶けません。結構がっつり押しつぶす感じで溶かしてしまいます。器の内壁などに押し付け擦り付けて潰してもいいでしょう。

完璧に溶かさなくてもいいので、そこそこ溶けたら少し冷まします。
ある程度冷めたら、ラップをして、輪ゴムをかけます。
そうしたら、冷蔵庫に入れて1時間くらい冷やします。

1時間ぐらい経つと、冷えて固まります。
水を入れているの…