スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

四季の足音

他の人はどうか知らないけど、僕には四季の足音がわかる。

足音といっても、それはひたひたと近づく音ではなくて、匂い、というものだろうか。
そう、香りなのだ。

四季それぞれに、香りがある。
別に
花の香りとか、そういうものではなくて、なんとなく雨が降る前のあのじんわりとした香り、水の香りと言うものに似ているのかもしれない。

昨日くらいのあたり、冬の香りがした。
雪の匂い、冷たい風の匂い、そんな感じのもの。

都会にいると、下水の匂いはするけど、こういった四季の香りはしないかもしれない。
田舎に住んでいる、自然が多いところに住んでいる特権、とでもいうのだろうか。

自然は五感で感じられるものだ。
視覚に頼りがちな僕たち人間には、もっと、それ以外のもので自然の移り変わりをかんじることができるようにしたいと、ふと香りに酔いながら思う。

最新の投稿

Fedora26で快適日本語入力

X121e AMD APUにVine Linuxをインストールする方法 ダメダメチャレンジwww。

ThinkPad X121e AMDにCloudRedyをインストールするには。

未来における人類の大転機になる災害を見た

忘れてもらえない私たち。

タイミングの悪い人、タイミングの悪いこと、そして、運とタイミングの関係2

幸せになりたい、幸せになる方法。

Mac mini Mojaveの再起動しない。

Mojave、重い。

大相撲のあり方に物言い。